アングルに触れる恒星

恒星パランの場合、緯度のデータは特に重要になります。
出生時間は分からなくても見ることができるのがパラン。
ですが、出生時間が確かである場合、
出生図のアングル(地平線、子午線)に触れる恒星を調べることができます。

アングルはホロスコープの骨組み。

非常に大切なポイントです。

その人の強烈な個性を彩る星になります。
恒星のパワーは甚大ですが、
そのエネルギーがダイレクトに流れ込むことになるからです。

たとえば靴を脱ぎ捨て裸足で踊った
伝説のモダンダンサー、イサドラ・ダンカン。
彼女のアングルには三つもの恒星が触れています。

・ベガ(こと座:カリスマ、音楽、他者にもたらす影響力)
・フォーマルハウト(みなみのうお座:理想主義、幻想夢想)
・シリウス(おおいぬ座:全天で一番明るい星、犠牲を伴う成功)



イサドラ・ダンカンの自由な精神、
自然や宇宙、音楽との融合性、
とめどなくあふれ出る創造性&カリスマ性。

身体で奏でるメロディー、イメージの表現力等々。
彼女が踊るとき、この三種の恒星のエネルギーがほとばしっていたのでしょう。

それはおそらく、見る者の目をくぎ付けにしたはず。

強烈な魅力で、多くの人たちを魅了したことでしょう。


恒星の世界に「良い」も「悪い」もありません。
良い悪いとは、この世界の人間が作り上げた観念だからです。
そのような「ものさし」からは自由になり、
魂に色濃く刻印される影響について感じてみましょう。

アングルに触れる恒星について
たとえばこんなエピソードも。

以前、双子のご兄弟のチャートを拝見しました。
お二人の出生時間は15分違いです。
黄道に天体を落とし込む通常の占星術のチャートは、
天体の配置的にはほとんど変わりはありませんでした。
しかし、アングルに触れる恒星は、全く異なりました。
宙は動き続けているのですから(=地球は自転し続けているのですから)
当然といえば当然ですね。
それぞれの恒星の現れ方がそのまますぎて。
あまりにそれぞれの個性の色となっていて放たれていて
驚嘆&感動したことが。

ただし、かなりの確率でアングルに触れる恒星が無い場合も多いです。
ぜんぜんがっかりする必要はありません。
さまざまなチャートを拝見している限りでは、
アングルに触れる恒星がない分、パランする恒星の力が顕著に働くようです。

© 2017 by Gabriel -no-rappa created with Wix.com

Astrology

Tarot