10/25蠍座新月+日食「半年かけて進む変容のプロセス」

10/25 19:49 日食です(蠍座新月)



今回の蠍座新月はノードと重なり日食になります。

食は半年毎のスパンで訪れるイベントです。

今回はノードとのオーブが広いので部分日食です。


昔インドなどでは日食の日は外に出てはいけない…等と言われていたそうです。

もともと新月や満月は通常のエネルギーとは異なる状態になる…とされており、その特大バージョンたる「食」において慎重になるのも当然かなぁ、とも思ったり。

現代に生きる私たちが故意に食を恐れる必要は全くないと思います。

けれど、実際に強烈なエネルギーが刻印されるわけで、敏感な方は身体などに影響が現れたりもするでしょう。


さて、食の二日前、10/23に土星がステーションでした。

長らく続いていた逆行から順行に方向転換。

水星などと同様に、今しばらくはすっきりしない状態が続く可能性大ですが、28日頃からは通常のスピードに戻ります。

土星順行の影響は大きいんじゃないかなー。


・モヤモヤしているにも関わらず対処のしようが無かったことが明確化し、具体的な解決法が見えてくる…とか。

・遅々としてちっとも進まなかった案件がやっと動き出すことになるとか。


土星のスピードがもうひとつなのが気になりますが、食の前に土星が順行に戻ったのはよい兆しですかね。


さて、それを経ての日食です。

太陽月金星が2度で重なり5ハウスに在席。

これらが8ハウスの冥王星とスクエア。

ASCに乗る火星とトラインを形成。

ノード上で天王星と土星がスクエア。

そして、火星はこの日からアウトオブバウンズへ…。


5ハウスは自己表現、創造性、恋愛、子ども、投機…等さまざまな象意を持つ領域です。

どのような環境下においても、創意工夫をしながら遊びを作り出してしまう子どもたち。

それこそが真の創造性と言っても過言ではないでしょう。

どんな風に見えるかとか、どんな効果があるか等のこざかしい策略を手放し、童心に返って何かに没頭すること。

その境地に至ったとき、内なる創造性が開花します。


たぶん、私たちはここで一度立ち止まり、これまでのアプローチを変える必要があるのだと思います。

何に取り組んでいるにしてもです。

こざかしい策略で頭が一杯になってはいなかったか。

これを打ち出せば儲かるかも等と利益のために動いていなかったか。

不純な動機を持ち続けていたら、日食に焼かれるよ?

…と、日食図は私たちに語りかけているかのようです。


また、本当に表現したいテーマに真摯に集中することで、さなぎから蝶に変えるように、テーマ自体が化けるということもありそう。

あなたの中の愛が変容を遂げるのかもしれません。

日食の影響は約半年間。

半年かけて変容のプロセスが進むのではないでしょうか。



さて、社会的にはどうでしょう。

ウクライナ情勢、中国と台湾、円安、上がらない賃金、新型コロナの変異株、来月には第8波が来るという話も。環境問題も深刻です。

どれもこれもヘビーな内容のものばかり。


そんな中、東京で出した日食図では…

ASCに火星が乗り食にトライン。

しかもこの火星はアウトオブバウンズ…つまり火星のエネルギーが常道を逸した状態にあるということです。

(来年の5月までずっと火星はアウトオブバウンズ)

6ハウスを支配する冥王星が食に対してスクエア。


これは防衛、そして先制攻撃などのテーマが強調されそうですね。

国防に関してこれまでの姿勢を大きく変えるのかもしれません。

岸田総理が原発を増やすとか言っていますが、これも食図を見るとなぁ…。むー…。

脱原発を支持するわたしとしては、嫌な予感しかしませんが。

ASCに火星で、日本に元気が注入される!とか読めたら嬉しいんだけど、どうかな…??


個人的にも社会的にも。

この日食の影響下にある約半年間は、その後の流れを決定づけるようなとても重要な時期になると思います。

個々の目的や生活なども平和あればこそ。

時代の大きなうねりがやってくる足音が聞こえるかのようですが、そのうねりに飲まれずに。

どんな状況下でも遊びを作り出す子ども達を見習いつつ、

それぞれが根幹のエネルギーである「愛」についての考察を深めることが出来たら素敵ですね。


それでは今回はこのへんで。

どうぞ佳き日食の日をお過ごしください。

May your NewMoon+SolarEclipse in Scorpio fill with peace and joy!


ナマステ☆

チャンドラケイ


【「マンデン占星術」にご興味のある方へ】

大倉山占星術研究会では毎月第三木曜日に「マンデン占星術勉強会」zoom開催しています(講師:石塚隆一)。

2015年より毎月開催しており、大変ご好評いただいています。


今月は10/20に開催したのですが、これがとても面白くて…!

食図に関して、アウトオブバウンズの概念や、食のサロスサイクルについて、アストロマップやイクリプスパスなども交えつつ、石塚先生が丁寧に解説。

サロスサイクル?イクリプスパス?なにそれ?な方も大丈夫。

参加者の方のご質問が講師の話を引き出しているところもあってとても勉強になりますよ~^^マンデンにご興味ある方にはとてもおすすめです。


リアルタイムでの参加が難しい場合は後日録画視聴で受講することも可能です。

ちなみに最近わたしはもっぱら録画視聴で受講中。

録画視聴だと都合のよいときに視聴できるので助かってます^^


前述の「10/20マンデン占星術勉強会」は今からでもご視聴可能です。

もしもご希望があれば下記にご連絡ください。

録画と資料をお送りいたします。

ryuz@rr.iij4u.or.jp(石塚隆一先生メール)


もしくは大倉山占星術研究会にメール、あるいはTwitterにDM下さっても大丈夫です。

手配させていただきます。(中の人より)



閲覧数:119回0件のコメント