top of page

12/13射手座新月 大きな節目を前に自分の在り方に立ち返る

12/13 朝8:32 射手座で新月です。



太陽と月は射手座20度で12ハウスに在籍、海王星とスクエア。

木星とタイトにセスキコードレート。

土星とタイトにクインタイル。

天王星とタイトにクインカンクス。

金星と木星のオポジションが子午線に重なります。

新月時留状態の水星は13日の夜に逆行開始。

いろいろ見どころはあるものの特にマイナーアスペクトの絡みが印象的です。


コンジャンクション、オポジション…などのいわゆるメジャーアスペクトが重要なのはもちろんですが、マイナーアスペクトも非常に重要です。

マイナーアスペクトは一言で言うなら内部で心がうごめく様を象徴するもの。

表面的には見えずらい心のひだの動き。

それらについて考える際、欠かすことが出来ないアスペクトです。


さて、射手座には太陽月の他火星も在籍。

これらを支配する木星がIC上にあり、MC上の金星と180度。

なんだかとっても忙しそうです。

とかく忙しい師走という月ではありますが、やたらとやる事が多くてバタバタしている感じ。

けれど、そこには悲壮感はあまりありません。

むしろ、奔走しながら自分の立ち位置を改めて確認しているようにさえ見えます。

先の新月(11/13)からの流れが効いていますね。


年明け、1/21に冥王星は再び水瓶座にイングレスします(太陽とコンジャンクション!)

冥王星はまた逆行しますので、本格的に水瓶座入りするのは2024年の11月下旬になりますが…

冥王星の水瓶座入りを前に、膿を出し切らないといけません。

個人においても、国レベルにおいても、時代においても。

これまで通りではいられなくなるということ。

…なんて書くと「怖い!」と思う方がいらっしゃるかもですが(;'∀')


でもね、国内外のニュースなどを見ていてもそれはすでに明らかです。

これまで隠せていたことは隠せなくなる。

誤魔化しは効かなくなる。

もしもこの時期、これまで通りのやり方で誤魔化したとしたら…その後のつけは相当大きなものになる。

新しい時代に存続できなくなるのでは?


私たちは今、価値観が大きく変わる流れの中にいます。

外側から押し付けられた価値観に踊らされるのではなく、

それぞれが自分独自の価値観を持ち、それを尊重して生きる時代がもうすぐにやって来ます。


何を成すかとか、お金をどのくらい稼ぐか…等の分かりやすい結果に右往左往するのはもうこのへんで終わりにしましょうか。

むしろ心の欲求や魂の在り方に立ち返ることにより、心は解放されより自由になれるはず。

大きな節目を前に、自分自身の在り方に立ち返る…そんな新月期間(新月から次の新月まで)となるでしょう。


それでは今回はこのへんで。

どうぞ佳き新月の日をお過ごしください。

May your Newmoon in Sagittarius with peace and joy!


最後まで読んでくださりありがとうございます。

ナマステ☆


チャンドラケイ

閲覧数:128回0件のコメント

Comments


bottom of page