12/4射手座新月+日蝕「工夫しがいのある半年間。今にフォーカスしつつこの変動期を乗り越えて」

12/4 16:42 射手座で新月、日蝕でした。

遅ればせながら日蝕読みを書いてみました。



みなさま、最近どうですか?

…どうですか?って聞かれても困るかもしれませんが(汗。

やるべき事が雪崩のように押し寄せてきているという方…

私も含めて、かなり多い感触があります。


世情も慌ただしいですね。

新・新型コロナとも言われるオミクロン株の出現。

連日のように日本列島のあちこちで発生するやや強い地震…。

人間の心模様を映し出すかのように

私たちの住む星も揺れています。


太陽と月は射手座12度。

水星と重なり、仕事/実務/修行/ケア等を意味する6ハウスに在籍。

6ハウスには火星もイン。


これはこれは…。

やるべき事がてんこ盛り。

どれから手をつけて良いかわからない心境になりつつも

ウルトラパワーを発揮して奮闘しているようなイメージ。

とても大変な状態かもしれませんが、

ここでの頑張りは今後の未来の活動にしっかり結びついていくはずです。


頑張ったにもかかわらず

目に見える形の成果が現れないというのは…

たとえその努力が精神的な成長に繋がると分かっていたとしてもがっくりきますね。

モチベーションが下がってしまうことも。

けれど、今回の頑張りは、

具体的な達成感に繋がるのではないでしょうか。


夢中で取り組むというよりは

無心で取り組むイメージ。

その作業自体に「好き」とか「嫌い」とか感情をくっつけず、サクサク取り組むこと。

まさに修行(笑。

一見地味な努力をしながらも、どんどん心の地平が開けて行くような…。

これでいい…という手応えが感じられるイメージあり。


現実は忙しく大変だけど

ココロ的には明るくポジティブ。

それが同時進行しているような配置です。


さてさて、上記の修行は工夫しがいがありそうですよ。

理想形を作るためには、手持ちの材料では足りない…等

ある種の制限や突然の予定変更などが起こり、思い通りになかなか進まなかったり。

だからこそどうすれば出来るかを考える。

なんとかならないものかと試行錯誤した末に

ハッと名案を思いつくなど。

実際にそれを試してみるとかなり素敵になったりして!

上記はもちろん比喩ですが、

工夫する楽しみを満喫できそうな半年間と言えるでしょう。


日常生活を豊かにする工夫をしてみて下さい。

もっと便利に、もっと快適に。

ひそやかな楽しみにどっぷり浸る…というのも良いですね。

その楽しみを他者の楽しみと比較しないこと。

あなたなりの心地よさ、楽しみを慈しん下さい。


ささやかな満足を着実に積み重ねることで力を貯め込む。

それがポジティブな思考に繋がります。

本当に自分が求めていることが何なのか掴める人もいるでしょう。


2021年の星のメインイベントは

土星と天王星のスクエアでした。

一度目は2/18。

二度目は6/15。

そして三度目は12/24に起こります。

システムを固め現実化する土星。

それを打ち破り新風を吹き込もうとする天王星。


個人的なレベルにおいても

社会的なレベルにおいても、

いずれにしても古いシステムや信念体系は壊れるタイミング。

新しい信念体系を構築するための破壊です。

もう後戻りはできません。

過去の栄光に後ろ髪惹かれることなく

工夫しながら大きな変動期を乗り越えましょう。


月蝕からの流れは日蝕図にもくっきり表れています。

それは「今」を生きるということ。

あなたの「今」を大切に。


それでは今回はこのへんで。

心豊かな半年間でありますように。

May your Solar eclipse in Sagittarius fill with peace and joy!
















閲覧数:121回0件のコメント

最新記事

すべて表示