• kei

6/10双子座新月+日蝕「心が曇ると感じたら気持ちを切り替えて」



6/10 夜7:53 双子座で新月。

今回の新月はノード軸と重なり日蝕です。


日蝕は年に二回訪れるイベント。

約半年間影響する重要な節目です。


6ハウス(仕事、日常生活、公衆衛生)にて太陽月水星が重なり、海王星とスクエア。

まさに今、本当にオリパラを開催するのかというテーマが動いていますが…

このイベントを開催するにあたり、さまざまなアイデアが飛び交っているという感じの配置です。

ただし、これは科学的根拠に基づくものとは言い切れず、

先行き不透明なもんやりとした流れと結びついています。


海王星をワクチン接種と考えるなら、

この日蝕を境にさらに接種が進むと考えることもできます。

(太陽月水星はMCとトライン、海王星とスクエア)

またワクチンに限らず、これはコロナ対応の薬の開発とも読めますね。

希望的観測としては、これも進んでほしいところ。

日蝕と海王星のスクエア、どう現象化するか要観察です。


一方、太陽月は逆行土星とトライン。

あらためてこれまで甘かった点などを見直し、

緻密に計画を立てて実行すると良いのでは。

「三密」を守れば大丈夫…というような

甘い考え方を刷新すべきタイミング。

このあたりの情報をしっかり共有する必要もあるでしょう。


政府を示すMCを支配する金星は冥王星とクインデチレ。

…なぜこの状況でオリンピックを開催するのか。

その説明もないままに、どんな批判もものともせず

目隠し状態で開催に向けて突破する政府の姿勢は、尋常ではありませんが…。

IOCやNBCからの猛烈なプレッシャーはかなりなものがありそうです。

もしかして脅迫めいたこととか…あるんですかね?


冥王星とのクインデチレを見て、

「もしかして、オリンピックとの心中覚悟?…(遠い目)」とか思ってしまいました。

また火星と土星のクインデチレなどもあり、これは正念場です。

自粛はオリンピック後もしばらく続きそう。


土星と天王星のスクエア。

これは今年を代表するアスペクトです。

従来通りのやり方の改革の必要性を示しているのでしょう。

私たち一般庶民も、そろそろ目を覚まさないといけませんね。


…と、問題点ばかり挙げてきましたが

ヘビーな話ばかりではありません。


金星は天王星とセクスタイル。

みずみずしい蟹座金星に天王星の冴えたセンスがブレンドされます。

恋愛観や好きなテーマに対する気持ちの刷新。

感性がこれまでの枠を飛び越えて自由になるイメージです。


木星がノーアスペクト。

相変わらず自粛モードが続いているものの

気持ちの上では解放感が増してくる暗示。

優れた芸術や映画、音楽などに触れることで

イマジネーションがさらに豊かになりそう。

物理的な旅や移動には制限がかかりますが

想像の世界への旅は自由です。

また、興味を持つテーマに冒険的に飛び込んで行く…というのも良いでしょう。

時に大胆になるのもこれまた佳きかな。


どんなにうんざりするニュースばかりが続いていたとしても

心まで浸食されないようにして下さいね。

情報が錯そうしたり、大袈裟に拡散するなどもありそうです。

情報に振り回されないようにしましょう。


心が曇ると感じたなら、気持ちを切り替えて。

たとえば、丁寧にお茶を入れてゆっくり時間をかけて飲む。

草花に水をやる。

近所を散歩する…等々。

ちょっとした行為でも気持ちを変えることができるから。

ささやかな好きなこと、わくわくすることを大切にしつつ、

この日蝕からの半年間を過ごして行きましょう。


それでは今回はこのへんで。

心豊かな新月+日蝕の日をお過ごしくださいますように。

May your newmoon+solar eclipse in Gemini fill with peace and joy!






127回の閲覧0件のコメント