Please reload

最新記事

いつものパターンからの脱却 ~節目とプログレス太陽のイングレス

November 5, 2019

1/7
Please reload

特集記事

羽田deランチ

April 22, 2018

 

今日は久しぶりに長年の友に会ってきた。

彼女と知り合ったのは、中学一年の頃。

中一といえば、普通は13歳なのだが、わたしは早生まれの中でも最後の最後の生まれなので12歳…。

12歳ですよ、12歳。

いまは50歳(笑。おーまいが。

 

中学一年の5月だったかな…

関東から金沢に引っ越して、一年弱金沢に住んでいた。

転校した初日に、彼女が声をかけてくれて一緒に帰ってさ。

その日から二人のお喋りが止まることはなかった。

本当に飽きもせず毎日よく話したな~。

 

今現在はお互いに住んでいるところも違うし

しょっちゅう連絡を取り合うわけでもないのだけれど。

相変わらずとても大事な人であることは変わらない。

こうして、彼女が東京にやって来るときには会うのが恒例となっている。

そんなわけで、今日もお互いの癒しスポットである空港で

飛行機を見ながらトークしてまいりました。

 

彼女は…飛行機マニア(笑。

テイクオフする飛行機を眺めながら

「あれ、なんとかかんとか機種だ。」

「政府専用機だよ。」

など、いろいろ解説してくれる。

エンジン聞くだけで種類判別できるとか(汗。

スレンダーで超美人な彼女なのに実は飛行機マニア…。

そんなところがツボ(笑

 

中一は金沢で過ごし、中学二年のときに、わたしは横浜に引っ越し、別れ別れに。

その後は夏休みになると、どちらかがどちらかの家に遊びに行くのが習慣になった。

高校生まで続いていたなぁ…。

 

今日、彼女がこう言った。

友「わたしが横浜に遊びに行ったとき、いーちゃん(中学時代のあだ名)が『連れて行きたい処があるんだ』って言って連れてってくれたところ覚えてる?」

私「?」

友「五島プラネタリウムだよ。」

私「えー?!そうだっけ?!」

友「そうだよ^^」

 

わたしの記憶は飛んでしまっていたが

そうだったか~…

彼女と一緒に星を観たのか!

そう、高校生の頃、五島プラネタリウムはお気に入りの場所だった。

よく一人で行ったものだ…。

(一人で。というところがミソ。単独行動が好きだったのだ=牡羊魂)

 

あの頃は占星術家になるなんて思っていなかったけど

その当時から星が大好きだったんだよなぁ。

プラネタリウムで満天の星を見ることも

電卓たたいて面倒くさい計算をして、二次元のホロスコープを作ることも好きだった。

自分の原点を思い出したような、そんなくすぐったい気持ちがした。

 

 

ここ数年の彼女の人生は、波乱万丈で本当に大変だった。

苛酷な試練を乗り越えた彼女の表情は清々しさに満ちていた。

強いなぁ…と感嘆する。

もちろん何度も心は折れただろう。

それでも何度でも蘇り、気づけば前よりもっと強くなってる…その底力に驚かされる。

一見おっとり系美女なのに

中身は松岡修三入っているんだよなぁ(笑。

数年前よりもパワフルになっていて、嬉しくて胸がいっぱいになったよ。

そんな午後のひとときだった。

 

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア