top of page

3/25月食 あらゆることが自分自身を照らし出していることに気づく流れ

本日3/25は天秤座で満月そして月食でした。

月食とはノード軸近くで起こる満月のこと。

大体半年に一度くらいの頻度で起こります。

ノースノード(ドラゴンヘッド)とサウスノード(ドラゴンテイル)を連なる軸…それがノード軸。

ホロスコープにおける3本目の重要な軸です。(地平線の軸、子午線の軸、そしてノード軸)


こちらの世界とあちらの世界の間にある扉。

この扉の開閉は人間の防衛本能で行われているものです。

加減が掴めないと変なタイミングで扉を開いたり閉めたりしてしまって、問題が起きたりすることも。

(スピリチュアルや霊的な仕事をされている方は、訓練によってっこの調整を行えるようになるのですね)

本日の月食は、この扉上で起こった満月ということ。



意図するしないに関わらず。

いわば鍵と鍵穴がカチリと噛み合い、扉が開きます。

扉から何が出てくるのでしょうか。

八百万の神々なのか、地底でうごめく浮かばれないエネルギーなのか…。


月食スパンにある今、すでにもう色々起こっていますね。

思わぬ事実が発覚したり、事実と思っていたことが実はそうではなかったり。

何が本当で何が嘘なのか表裏一体。


この月食。

対する相手、身近な環境、世界で起こっているさまざまなニュース…

客観しているようで、あらゆることが自分自身を照らし出していることに気づくような流れです。

それに応じて、結ばれる新しいご縁がある。

逆に手放すものも出てくるでしょう。


このプロセスにおいて、ひとつ心配なのがノーアスペクトの火星と水星かな。

事実を確認する前にあれこれ思い込んでしまいやさぐれちゃうようなイメージ。

これってかなりエネルギーを浪費するんですよね(;'∀')

もやもやしたら「自分はこう思うけど、実際どうなん?」とはっきり聞いちゃう方がずっといい。

起こった出来事に関して、今は悲観も落胆もしなくていいのです。

ただ、心の色が変わりゆく様を見守っていてください。


満月はとても繊細なタイミング。

決して無理せずに。

日頃から頑張りすぎている人も、ちっとも頑張れていない自分を責めている人も…心と身体を休めてね。


月食のバトンは、4/9の日食へと渡されます。

ここで生まれたテーマがどの方向に向かうのか…その手がかりが見えてくるのでは。

日食読み、また書きますね。


短めですが、今回はこのへんで。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

どうぞ佳き月食の日をお過ごしください。

ナマステ☆


チャンドラケイ

閲覧数:78回0件のコメント

Comments


bottom of page