top of page

10/29月蝕 半年かけて本質を見出し新しい足場を築いて行く

10/29早朝5時24分、牡牛座で満月、月蝕です。


月は牡牛座、東京で出した図では月は対人関係を象徴する7ハウスに在籍。

満月ラインに寄り添うように、水星火星と木星のオポジションがあります。

ノード軸が地平線に重なり、IC上にある冥王星とベンディング(ノード軸と冥王星でTスクエア)。

また土星がMCに、海王星がASCにそれぞれクインカンクスを形成。

前回の日蝕読みで「まずは、あなたの一番身近にいる人との関わり方から見つめ直してみませんか?」と書きましたが、月蝕図にもそのエネルギーが脈々と流れています。

職業、社会的な影響力、はたまた経済力、成功しているか云々。

人間ってさまざまなパッケージで自らをラッピングするものです。

浅い関係性ならば、ラッピングした状態のみでお付き合いすることも可能でしょう。

けれどラッピングをほどいてみると…

中身は期待通りで安堵するのか、あるいはラッピングとは全く異なっていて驚くのか。

この月食の期間、さまざまな場面でラッピングの中身を見ることになりそうです。

あえて見ようと頑張らなくとも中身が暴露されてしまうことさえあるでしょう。

意外な中身が見えたとき、あなたはどうしますか?

これまで通りの関係性を維持することは難しいかもしれません。

完全に関係性を絶つというのも一つの手。

「こういう面もあるのだな」と落とし込み、新たな関係性を一から再構築するというのも手。

いろいろなアプローチが出来ますしどれが正解ということでもありませんが、あなた自身の心がもっともしっくりくる道を選ぶことを強くおすすめします。

とはいえ、今答えを出さなくても大丈夫です。

着地しずらい影響が月蝕図に示唆されています。

足場が出来たと思ったら実はぬかるみだったり、もうこれを手放そうと決意した途端希望の光が見えてきたり。

右往左往しつつ、人生において心の拠り所となる足場探しをする流れ。

上記はあくまで比喩ですが、マンデン的にも同じことが言えると思います。

満月ラインに寄り添う火星水星と木星のオポジション。

海王星が火星水星とセスキコードレート。

太陽水星火星を支配する冥王星がICに合、ノード軸とスクエア。

インターネットやAIが普及したがゆえに起こる情報戦の激化。

いやはやなんともプロパガンダ的です。

フェイクな情報や動画が入り乱れ、どれが本当なのかを見つけ出すためには根気強く情報を収集し、精査する労力が必要になるでしょう。

飛び交う情報を安易に信じてしまうとAIに肩透かしされちゃうかも。

逆に上記のエネルギーを芸術やクリエイティブな面で発揮することが出来たら、素晴らしいものを生み出すことも出来ると思います。

優れた美意識をポジティブに発揮できたら理想的です。

今、自分自身、他者、環境、社会との関わり方が変容するプロセスにあります。

この月食からの半年間…自分自身、関わる人、環境、社会の動向…これらのラッピングの中身を洞察してみて下さい。

何が見えてくるでしょうか。

それはあなたを幻滅させるかもしれません。

あるいは磨けば光る宝石の原石を見つけ出すことが出来るのかもしれません。

月蝕図の月はアキュレウスとパラン。

アキュレウスは蠍の毒針に位置する星団です。

キーワードは「原石を磨く」

研磨することで本当に大切な芯の部分が見えてくるでしょう。

半年かけて本質を見出し新しい足場を築いて行く…そんな月蝕図です。

どうぞ佳き月蝕の日をお過ごしください。

May your Fullmoon(Lunar Eclipse) in Taurus with peace and joy!

チャンドラケイ

閲覧数:120回0件のコメント

Comentarios


bottom of page